Reporter を利用しましょう。

昨年秋にリリースされたコマンドラインツールの Reporter を使って、2種類のレポート「売上とトレンド」および「支払と財務報告」をダウンロードできます。Reporter では、複数のデベロッパアカウントに対して1つの Apple ID を使うことで、簡単にアカウントを切り替えられます。さらに、エラーの詳細や、遅延しているレポートが利用可能になる推定時刻を確認できます。Autoingestion ツールは2016年11月末で利用できなくなるため、Reporter に切り替えることをお勧めします。

Reporter の使用方法について詳しく見る >