歌詞のデリバリ

ファンやリスナーのミュージックとの関わり方やミュージックの共有方法が多様化していく中で、一部ジャンルの曲との出会いにおいて歌詞が重要な役割を担うようになりました。新しく気に入った曲を Apple Music で歌詞から検索する場合、あるいはお馴染みの曲を同期歌詞に合わせて歌う場合のいずれでも、歌詞が曲とのつながりを深めてくれるものとなります。

表記形式と構造

歌詞は音声に合わせて正確に書き出してください。ボーカルパートすべてに対し歌詞が必要となります。スタイルの都合上、提供された歌詞の表記形式を Apple が変更する場合があります。

歌詞の表記形式や構成は、歌の構成と一致させてください。歌詞の構成は、パートや曲調の変化に合わせて改行や段落で区切ることが重要です。歌詞は行間を空けずにまとめ、A メロからサビへ変化する部分等、小節間でのみ 1 行空けてください。

改行や段落を挿入する位置については、次に挙げられる箇所を一般的な目安としてください。

  • イントロ、A メロ、B メロ、サビなど、歌詞のパートが明らかに変化する箇所
  • 曲のテンポが変化する箇所
  • 歌詞の表現方法が変化する箇所 (歌唱からラップへの変化など)

大文字/小文字:歌詞の表記には、一般的な文法ルールを適用します。固有名詞は語頭を大文字にし、歌詞の各行はすべて文頭を大文字にします。
句読法:歌詞の各行末に句点や読点を含めてはいけません。句読法における記号類で行末に含められるのは、感嘆符、疑問符、引用符のみです。必要な場合にのみ使用してください。
Clean バージョン/Explicit バージョンの歌詞:「Clean」という用語は、当該トラックに Explicit バージョンがある場合にのみ使用してください。Clean バージョンの歌詞では、削除または変更した部分はアスタリスクで表記します。

Apple Music や iTunes Store に関する要件とガイドラインの全容については、「Apple Music スタイルガイド」の「歌詞のガイドライン」セクションを参照してください。

同期歌詞

同期歌詞により、お気に入りの曲に対する理解が深まり、ファンやリスナーがその曲に対してより愛着を感じるようになるでしょう。アルバムアートワークから生成されたカラフルで迫力のある背景と共に、曲と完全に同期した歌詞が表示されます。

同期歌詞は、Apple Music へ実際に提供するオーディオのバージョンに合わせたものを設定してください。同じ曲でもバージョンが異なると、同期のタイミングは異なります。

同期歌詞のデリバリは、TTML ファイルフォーマットを使用して、Transporter や iTunes Connect から行うことができます。

歌詞の提出

ユーザエンゲージメントの最大化とデリバリプロセスの効率化を図るため、配信流通パートナーとエンコーディングハウスは、必要なオーディオトラックの言語、公式歌詞、該当するソングライターや作詞者の役割を、初回デリバリ時に iTunes Producer や Transporter でデリバリしてください。

オーディオトラックの言語とクレジットに関するメタデータを正確に提供することで、ミュージックのデリバリプロセスが効率化され、Apple Music でのコンテンツ配信を円滑に行うことができます。Apple は、メタデータが可能な限り正確になるよう、オーディオ言語やクレジットに関する選択肢を幅広く用意しています。詳細については、「iTunes パッケージミュージック仕様」の「トラックのオーディオ言語」と「言語コード」、および「Apple Music スタイルガイド」の「名前とクレジット」を参照してください。

配信流通パートナーとエンコーディングハウスは、iTunes Producer、iTunes Connect、Transporter を使用したデリバリの過程で歌詞を提出することができます。

iTunes Producer を介した歌詞の提出

初回デリバリ時に iTunes Producer の「トラック」から行うことができます。

  1. 「トラック」セクションの下部にある「歌詞」をクリックします。
  2. 「トラック」セクションの上部で、歌詞を提供するトラックを選択します。
  3. 選択したトラックの歌詞を「歌詞」で入力します。歌詞は最大 2,000 文字で、リッチテキスト形式を含めることができます。なお、歌詞は一般公開に適している必要があります。
  4. アルバムのトラックごとにステップ 2 と 3 を繰り返し行います。
  5. 「次へ」をクリックします。iTunes Producer では「ローカリゼーション」セクションが表示されますので、必要に応じて、ローカライズされたテキストを提供できます。詳細については、「ローカリゼーションの追加」を参照してください。
  6. 「トラック」セクションの下部に表示される「配信権/価格」をクリックします。詳細については、「トラック配信権および価格の入力」を参照してください。

iTunes Connect を介した歌詞の提出

「歌詞をアップロード」機能を使用して、静止状態の歌詞および音楽と同期する歌詞を iTunes Connect から直接配信することができます。

  1. iTunes Connect で、「マイミュージック」をクリックします。
  2. 歌詞を提供するトラックが収録されているアルバムを検索します。
  3. 「アルバム詳細」ページで、トラックレベルまでスクロールします。
  4. 該当トラックの「詳細」をクリックします。
  5. 「トラック配信権」ページで、「トラック概要」の右上隅にある「歌詞をアップロード」をクリックします。

Transporter を介した歌詞の提出 

アルバムに収録するトラックの歌詞は、iTunes 固有の機能向けの拡張子を持つ、TTML 形式のドキュメントでデリバリする必要があります。 

Transporter を使用して歌詞を含めたパッケージをデリバリするにあたり、「iTunes ビデオとオーディオのアセットガイド」の「TTML ファイルのフォーマット」セクションを必ず参照してください。

既存の歌詞の更新

Transporter、iTunes Producer、iTunes Connect を介して、正しい歌詞と差し替えることで、以前にデリバリした歌詞を更新することができます。

注:既存の歌詞が Apple にすでに認証されている場合は、歌詞を再デリバリしても新しいものに差し替えられることはありません。iTunes Connect 内の「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

Apple Music に対する権利の付与

Apple Music と iTunes Store における Apple のライセンスは、Harry Fox Agency によって管理されています。ミュージックおよび歌詞の米国における配信権を Apple Music と iTunes Store に付与するには、まず Harry Fox Agency の Web サイトにログインまたは登録してください。Harry Fox Agency の契約用ポータルサイトでは、Apple Music のサブスクリプション、歌詞、クラウドサービスの使用許諾契約書に基づき、ミュージックおよび歌詞の配信権を Apple に許諾するための手順が示されています。

ツール

必要なツールをダウンロードしてミュージックを送信しましょう。

ツールを見る

ミュージックの配信サービスを見つける

配信サービスをお探しですか?条件に合うパートナーを見つけましょう。

パートナーを見つける

お問い合わせ

解決策が見つかりませんか?サポートチームにご連絡ください。

お問い合わせ