2019年9月

「売上とトレンド」のファイルサイズ
Appleは、最大のレポートのファイル形式と圧縮方法を変更します。
ジャンルのアップデート:アフリカとトルコ
プライマリジャンルと複数のサブジャンルコードにアフリカとトルコのジャンルコードを追加しました。
歌詞に関するリマインダー
歌詞をデリバリしたり、歌詞に関する問題を報告するには、「お問い合わせ」メニューで「歌詞」を選択します。
先行追加の要件
Apple Music のリスナーは、予約注文アルバムを Apple Music ライブラリに先行追加できるようになります。

2019年8月

iTunes Storeミュージックスタイルガイドのアップデート
Appleは、  iTunes Storeミュージックスタイルガイドがアップデートされたことを発表します。
言語とローカリゼーションの注意事項
言語とローカライズのメタデータの正確性を高めるために、いくつかの注意事項を確認してください。
Shazamのデータ
Shazamからのデータを「売上とトレンド」からダウンロードできるようになりました。  
Mastered for iTunesを、Apple Digital Mastersにブランド名を変更しました
Mastered for iTunesを、Apple Digital Mastersに名称を変更しました。

2019年6月

MacのiTunesの今後の変更についてもっと知る
WWDCでは、iTunesが3つのApp—Apple Music、Apple TV、Apple Podcastsに分割されると発表されました。iTunes Storeを含むお気に入りのiTunes機能はすべて、macOS Catalina用に設計されたこれら3つの新しく焦点を絞ったAppで利用できます。
新しいDJミックスのフラグ
トラックやアルバムがDJミックスであることを示すために、フラグブロックに「DJミックス」の値を追加しました。
読み方データ
あなたのコンテンツをカスタマーが簡単に見つけられるように、「発音フィールド」で曲とアーティストの日本語、中国語、韓国語、タイ語、ロシア語、ブルガリア語、またはウクライナ語のコンテンツ用の読み方データを提供することを強くおすすめします。 

2019年5月

ライブパフォーマンスのミュージックビデオ
ライブパフォーマンスのミュージックビデオでは、タイトルバージョンで日時と会場の情報を指定することが必須となりました。
韓国の「Explicit」ミュージックコンテンツ
韓国のストア上で「Explicit」ミュージックコンテンツが承認されることになりました。
読み仮名 (Phonetic) 情報
商品やアーティストの読み仮名 (Phonetic) 情報を追加することを強く推奨します。

2019年4月

iOS用iTunes Connect
iOS用のiTunes Connectが利用できなくなりました。
トラックオーディオ言語の要件
2 か月以内に、 Apple Music と iTunes へのすべての送信にトラックオーディオ言語が必要となります。   
着信音の要件
Apple に着信音を提出するときは、必ず iTunes Store ミュージックスタイルガイドに記載されている基準に従ってください。 
iTunes Store ミュージックスタイルガイドに関するお知らせ
iTunes Store ミュージックスタイルガイドのジャズ、DJ ミックスおよびライブコンテンツのセクションに加えられた最新の変更が公開されました。 

2019年3月

ライブパフォーマンスのミュージックビデオについて
ライブパフォーマンスのミュージックビデオでは、タイトルバージョンで日時と会場の情報を指定することが必須になりました。
韓国語のローカライズが新たに追加されました
韓国語のローカリゼーションが新たに加わりました
トラックのオーディオ言語に新たな要件が追加されました
コンテンツのメタデータでトラックのオーディオ言語フィールドが必須になります。  

2019年1月

NZD通貨とAUD通貨での支払い処理が変更されます。
2019年2月1日以降、ニュージーランドとオーストラリアの銀行口座への支払いはすべて電信送金となります。
ライブパフォーマンスのミュージックビデオについて
ライブパフォーマンスのミュージックビデオの場合は、タイトルに日時と場所の情報を含めることになりました。
デモグラフィックレポートの提供について
アーティストとコンテンツのデモグラフィックに関する週間レポートと月間レポートを提供することになりました。  
アルバムとトラックの分類フラグについて
Apple Music のコンテンツを分類するための XML タグをデリバリできるようになりました。  
iTunes Store ミュージックスタイルガイドに関する重要なお知らせ
先日 iTunes Store ミュージックスタイルガイドに加えられた変更が、2019 年 2 月 28 日から実施されます。

2018年12月

Transporter 1.13 の提供開始
Transporter の新しいバージョンがリリースされました。
通知を設定する
Apple Music の最新のニュースや発表を常にチェックするには、Apple のニュースレターと iTunes Connect の通知が最適です。
カナダの契約と税金に関する重要な情報。
2019年1月1日より、音楽またはビデオコンテンツのカナダへの配信を対象とする部分の契約は、米国法人のApple Inc.から、カナダ法人のApple Canada Inc.に割り当てられます。Apple では、影響や混乱を最小限にとどめるために税金に関する追加情報の提供を求める場合があります

2018年11月

冬季のデリバリスケジュールについて
 2018年の11月12月および2019年の1月に Apple Music および iTunes に曲をリリースする予定の場合、以下のデリバリ期限について確認してください。
iTunes Store ミュージックスタイルガイドがアップデートされました。
iTunes Store ミュージックスタイルガイドに重要な変更があります。
「契約/税金/口座情報」のアップデート。
iTunes Connect の「契約/税金/口座情報」の一部が改善されました。  
ミュージックの Approved Partner Program のアップデート
長年ご利用いただいている Approved Partner Program に、高品質のコンテンツを多数提供しているパートナーであることを示す新しい区分が追加されました。
冬期休暇のスケジュールが確定しました。
2018年の11月と12月および2019年の1月に Apple Music および iTunes に曲をリリースする予定の場合、冬期休暇のスケジュールを確認してください。

2018年10月

言語の入っていないトラックの音声言語。
言語の入っていないトラックをデリバリする際は、iTunes Producer のトラック音声言語で「None (なし)」を選択します。
インド音楽の新しいサブジャンル。
インド音楽のジャンルリストに、新しいサブジャンルコードが追加されました。

2018年9月

Transporter 1.12 がリリースされました。
このバージョンでは Lookup Artist モードの検索結果に表示される情報が増えて、デリバリに使用する正しいアーティスト ID を特定しやすくなりました。  

2018年8月

アーティストイメージのアップロードについて。
アーティストは自身のイメージの更新を Apple Music for Artists から行えるようになりました。

2018年7月

アーティストイメージのガイドラインの更新。
アーティストイメージのガイドラインと Photoshop テンプレートが更新されました。

2018年6月

「売上とトレンド」で End Reason Type と Source of Stream に新たな値を追加しました
「売上とトレンド」のダッシュボードとレポートに、Source of Stream の 2 種類の値と、 End Reason Type の 2 種類の値を新たに追加しました。
ミュージックビデオのスクリーンキャプチャ画像のプロファイルで 4K をサポート
スクリーンキャプチャ画像のプロファイル仕様で 4K がサポートされました。
iTunes Store ミュージックスタイルガイド 2.0 の更新
『 iTunes Store ミュージックスタイルガイド 2.0 』では、ミュージックビデオのポリシーや歌詞のガイドラインなどが更新されました。
Apple Music での先行追加
Apple Music で先行追加が可能になりました。

2018年3月

「支払と財務報告」ですべての通貨を 1 つにまとめたレポートが利用できるようになりました。
ミュージックの配信通貨すべてを 1 つにまとめた財務レポートがダウンロードできるようになりました。

2017年12月

アーティストイメージのガイドラインのアップデート。
アーティストイメージのPSDテンプレートをアップデートしました。アーティストイメージがクロップされないようにするため、また Apple Music および iTunes Store で正しく表示されるようにするため、アップデートされたPhotoshopテンプレートをダウンロードして、使用してください。

2017年11月

Apple Music の売上とトレンドレポートへの変更。
Apple Music レポートは、ストリームについてより多くのデータを提供するためにアップデートされました。この変更はレポートの取得に影響するため、新しいデータを活用するにはシステムをアップデートする必要がある場合があります。
売上とトレンドでのストリームダッシュボードのアップデート。
新しいロイヤルティ支払対象のしきい値(デバイスタイプとしての Sonos)が反映され、パーソナルミックスの再生リストはニュー・ミュージック・ミックス、フェイバリット・ミックス、チル・ミックスに分割されました。
新しいデモグラフィックレポートが売上とトレンドで利用できるようになりました。
新しい2つの iTunes Store 売上レポートで、カスタマーに関する詳しい匿名の情報を入手できるようになりました。
Apple Music カタログレポートのアップデート。
Apple Music カタログレポートがアップデートされ、どのコンテンツが Apple Music で利用可能なのかを容易に確認できるようになりました。
Transporter 1.9.7 が利用可能になりました。
Lookup Artist モードと Create Artist モードを使用して、コンテンツが Apple Music と iTunes Store で正しいアーティストに確実にマップされるようにしてください。
重複したトラックタイトルの、アップロードからのブロック。
今後30日間、1つのプレイリストに重複したトラックが含まれるパッケージはアップロードからブロックされます。
ミュージックビデオのためのガイドラインのアップデート。
HDRと4Kビデオのサポート要件をアップデートしました。『iTunes Package Film Specification』および『ビデオとオーディオのアセットガイド』の変更点に注意してください。
Apple Music デモグラフィックレポート。
新しい2つの Apple Music レポートで、リスナーに関する詳しい匿名の情報を入手できるようになりました。

2017年9月

冬季デリバリ締切日。
2017年11月〜12月の期間に Apple Music と iTunes Store で新規ミュージックのリリースを計画している場合は、この期間のデリバリ締切日を確認してください。

2017年8月

『ミュージックスタイルガイド』のアップデート。
このアップデートには、「要点」セクションの再編成が含まれており、歌詞のガイドラインが英語、日本語、および簡体字中国語で利用可能になりました。
新しいジャンルコード。
キューバ、ビデオゲーム、およびインドのコンテンツに新しいコードが追加されました。
コンテンツデリバリのための新しいサーバ。
ファイアウォールの内側からコンテンツをデリバリする場合、ファイアウォールのルールを追加するか変更するかして、IPアドレスとポートのアウトバウンド接続とリターン接続が許可されるようにする必要がある可能性があります。

2017年7月

『Music Specification』のアップデート。
『Music Specification 3.4.1』には、アーティストガイドラインおよびメタデータ検索のアップデートが含まれています。
アップデートされたカタログレポート。
プレイリストの新しい5つのステータスフィールドが、ミュージックカタログレポートに追加されました。トラック音声言語フィールドも、Apple Music カタログレポートに追加されました。
Apple Music 使用状況レポートのアップデート。
2017年8月3日以降、Apple Music 日次コンテンツレポートがアップデートされ、アーティストIDの新しい列が含められます。
Reporter にアクセスするにはトークンが必要になります。
2017年8月10日以降は、Apple ID パスワードまたは App 用パスワードで Reporter にサインインできなくなります。Reporter を引き続き使用するには、固有のアクセストークンを生成してください。

2017年6月

Reporter サインインへの変更。
Apple ID パスワードを使用する代わりに固有のアクセストークンを生成することで、Reporter にアクセスできるようになりました。
アップデートされた非表示の理由コード。
コードの追加およびアップデートを行なって、Apple Music や iTunes Store でコンテンツが非表示になる理由がさらにわかりやすくなりました。

2017年5月

最初のリリース日、および iTunes ビデオとオーディオのアセットガイドのアップデート。
ミュージックビデオに関する一般的な問題とアップデートされたの要件について詳しく見る。

2017年4月

新しいアーティストの仕様について。
ミュージックが正しいアーティストページに表示されるように、アーティストフィードが作成されました。
コンサートフィルムの要件。
Apple にコンサートフィルムをデリバリする場合、2017年8月1日までに新しい要件を満たす必要があります。
Transporter 1.9.3 が利用可能になりました。
Transporter の新バージョンでは、ジャンルの詳細やタイトルの読み方を編集できるチケットを作成したり、Timed Text Markup Languageで歌詞をデリバリしたりできます。
2017年4月22日にメンテナンスが予定されています。
午前7時から始まり、一部のサービスが最長8時間利用できなくなります。

2017年3月

「売上とトレンド」の概要およびコンテナ名についてのお知らせ。
概要にはキュレーションされたメトリックスが含まれており、コンテンツのパフォーマンスの測定およびトラッキングが可能です。トップストリームのコンテナ名により、コンテンツが再生されているプレイリストおよびラジオステーションを知ることができます。
Apple Music ストリーム日次レポートの更新されたフィールド。
2017年3月24日より、Playlist Name、Playlist Type、Playlist IDに新しい列名が含まれるようになります。

2017年2月

Apple Music および iTunes Store の歌詞。
Apple への歌詞のデリバリを改善するため、変更を行いました。TTMLファイルフォーマット、および「Music Specification」と「ミュージックスタイルガイド」へのアップデートに関して、詳細をご確認ください。
ソングライターと作曲者に関するメタデータの取得。
ソングライターが確実に報酬を受け取れるようにするため、Apple では Apple Music に歌詞を表示するために必要なライセンスを取得しています。ライセンスを効率的に取得するためには、ソングライターと作曲者に関する正確なデータが必須です。
コンテンツが非表示になる一般的な理由。
「ミュージックスタイルガイド」に説明されている基準を満たさない場合、コンテンツは Apple Music または iTunes Store で非表示になる場合があります。コンテンツが非表示になる最も一般的な理由について、詳細をご覧ください。
新しい音声の言語が iTunes Producer でサポートされるようになりました。
トラックに音声の言語を提供すると、Beats 1 プログラムや Apple Music のキュレーションされたプレイリスト用に選択された場合、正しく検出されるようにするのに役立ちます。利用可能な選択項目に、新しいオプションが追加されました。
新しい「お問い合わせ」機能についてのお知らせ。
テレビ番組、映画、およびミュージックのパートナー向けの「お問い合わせ」を一新し、iTunes Connect サポートへのコンタクトをこれまで以上に簡単にしました。

2016年12月

12月の iTunes パートナーサポート、アーティストイメージおよび Transporter の Verify モード。
Photoshopテンプレートを使用すれば、アーティスト写真の予期せぬクロップを防げます。Transporter の Verify モードで、Apple へのデリバリが正しいことを確認できます。

2016年11月

iTunes Match レポートの修正について。
2016年8月および9月の iTunes Match 使用状況レポートには、誤ったデータが含まれている場合があります。現在は更新されたレポートをダウンロードできます。
Transporter 1.9.1 がリリースされました。
このバージョンには、新しいエラーメッセージ、アップデートされた例に加えて、JVM最大ヒープサイズの増加、システム要件のアップデートが含まれます。
冬季デリバリ締切日のリマインダー。
冬季に行われるミュージックのデリバリ締切日の調整について、再度お知らせします。2016年12月~2017年1月の期間に Apple Music または iTunes Store でミュージックのリリースを計画している場合は、以下のデリバリ締切日を確認してください。
アフィリエイトプログラムおよび Apple Music API。
デベロッパは Apple Music API を使用して非登録ユーザを識別し、誘導(アップセル)のためにアフィリエイトプログラムを活用して Apple Music へのメンバーシップを付与することでコミッションを受け取れます。
2016年12月6日以降、Autoingestion ツールが利用できなくなります。
2016年12月6日以降、Autoingestion ツールを使用した「売上とトレンド」および「支払と財務報告」レポートのダウンロードができなくなります。

2016年10月

デリバリ締切日の変更について。
冬季特別スケジュールに対応するため、ミュージックのデリバリ締切日を変更します。2016年11〜12月、および2017年1月の期間に iTunes Store でミュージックのリリースを計画している場合は、更新された締切日を確認してください。

2016年9月

トップストリームの新しいビデオ。
「売上とトレンド」の「トップストリーム」ページについて詳細をご覧になり、Apple Music でカタログのパフォーマンスを監視する方法を確認してください。
2016年8月の iTunes Match レポートおよび支払の遅延について。
8月の iTunes Match のレポートおよび支払が遅れています。8月のロイヤルティの一部は9月の収益とともに支払われます。

2016年8月

「iTunes Package Music Specification」の更新。
「iTunes Package Music Specification」が更新され、言語コード、ミュージックビデオのプレビュー、タイムコードフォーマットの説明が含まれるようになりました。また、ベンダー提供のコードタグをトラックに使用できるようになりました。
アーティストの写真の追加。
アーティストの写真を使うことにより、Apple Music や iTunes Store でリスナーがアーティストを見つけやすくなります。アーティスト画像は、検索結果、リスナーのライブラリ、類似アーティストのおすすめ、アーティストの曲が含まれるプレイリストの各ページに表示されるため、アーティストを適切に表す写真を追加することが強く推奨されます。
Reporter を利用しましょう。
昨年秋にリリースされたコマンドラインツールの Reporter を使って、2種類のレポート「売上とトレンド」および「支払と財務報告」をダウンロードできます。Autoingestion ツールは2016年11月末で利用できなくなるため、Reporter に切り替えることをお勧めします。
Apple Music をイスラエルと韓国でも提供開始。
Apple Music がイスラエルと韓国でも利用可能になりました。これらのテリトリでミュージックを利用する方法についてご確認ください。

2016年7月

「ミュージックスタイルガイド」の更新。
「ミュージックスタイルガイド」に新しいガイドラインが追加されました。このガイドラインは、文化的相違への配慮、アルバムトラック数、リードヴォーカルが含まれるカラオケコンテンツ、アジア言語の発音表記、アラビア語およびペルシア語のメタデータの要件を定義しています。アーティスト名に含まれるアクセント付き文字、大文字と小文字の使い分け、アルファベット以外の文字の調整方法についてもご確認ください。

2016年5月

Apple Music Toolbox の紹介。
この度、Apple Music Toolbox が公開されました。このツールボックスを使用すると、今まで以上にオンラインで音楽をプロモーションしやすくなります。ツールボックスでは、コンテンツの利用を促すためのテキストリンク、ウィジェット、およびバッジなどを作成できます。

2016年4月

「売上とトレンド」の処理時間、および Apple Music レポートについてのアップデート。
データ情報がより早く提供されるように、アジア太平洋地域のテリトリにおける売上データの処理方法を、順次変更していきます。次に記載するテリトリのトランザクションデータは、これまで処理に2日間かかっていましたが、変更後は翌日に利用できるようになります。また、リスナーデータの理解に役立つ、Apple Music レポートもアップデートしました。

2016年3月

「売上とトレンド」および「カタログレポート」が更新されました。
コンテンツ購入時に使用された通貨で、売上と収益を確認できるようになりました。また、Hidden Reports(非表示レポート)の「Import Date(インポート日)」と「Hide Date(非表示日)」に新しい列が追加されました。

2016年2月

日次 Apple Music ストリームレポートが使用できるようになりました。
日次 Apple Music ストリームレポートは2月29日から利用可能になります。 このレポートは、Apple Music のカタログのパフォーマンスを測定したり、リスナーのコンテンツ消費動向を分析したりするために役立ちます。
「支払と財務報告」が新しくなりました。
iTunes Connect の「支払と財務報告」のデザインが変更され、月次財務データの表示とダウンロードが行いやすくなりました。 すべてのデータが1ページにまとめられただけではなく、複数の財務報告を一度にダウンロードできるようになりました。
iTunes Producer 3.1.1 が利用可能になりました。
iTunes Producer 3.1.1 にアーティストIDの高度な検索機能が搭載され、システムがアップデートされました。 新機能とアップデートされた要件についてご確認ください。
「iTunes Package Music Specification」のアップデート。
「iTunes Package Music Specification 5.2 改訂 4」での新機能、および2つの新しいタグ(publishers および iswc)をご確認ください。 追加された2つの新しいタグは、どちらもレポートの質を向上させ、サウンドレコーデイングを音楽作品および所有者に関連付けるためのものです。
Apple Music がトルコと台湾でも利用可能になりました。
2016年2月4日から、Apple Music のサービス提供地域にトルコと台湾が加わります。 音楽やミュージックビデオをトルコと台湾でも利用可能にする方法をご確認ください。

2016年1月

iTunes Radio の変更点。
広告支援による Radio は、1月28日以降は提供されません。Beats 1 を除く Radio は Apple Music メンバーのみが利用可能です。 Beats 1 は引き続き、Apple Music 未登録のユーザも利用可能です。

2015年12月

Apple Music 財務レポートのアップデート。
Apple Music 財務レポートに、有料メンバーシップと Beats 1 再生に関する情報が含まれるようになりました。 さらに、Apple Music の詳細ファイルに新しく offline indicator (オフライン・インジケータ)フィールドが追加され、デバイスがオンライン時とオフライン時の両方でのロイヤルティ対象再生数を確認できるようになりました。

2015年11月

iTunes Connect 上で Apple ID のセキュリティ機能が強化されました。
iTunes Connect の Apple ID で、2ステップ確認あるいは2ファクタ認証が使用できるようになりました。 これらのセキュリティ機能を活用して、パスワードが流出した場合でも Apple ID への不正アクセスや不正利用を防ぐことができます。
ミュージックデリバリ締切日の変更について。
冬季特別スケジュールに対応するため、ミュージックコンテンツのデリバリ締切日を以下のように変更します。2015年11〜12月、および2016年1月の期間に iTunes Store でミュージックのリリースを計画されている場合は、以下の締切日を確認してください。

2015年10月

Apple Music 財務レポートが使用できるようになりました。
iTunes Connect の「支払と財務報告」で Apple Music 財務レポートが利用できるようになりました。 このレポートには、Apple Music Cover Sheet および Financial Detail が含まれます。 7月のレポートにはトライアルメンバーのロイヤルティのみが含まれますのでご注意ください。

2015年8月

新しい「リソースとヘルプ」の紹介
「リソースとヘルプ」のデザインが一新されました。質問に対する答えが一層簡単に見つけられるようになり、常に最新情報にアクセスできます。オンラインガイド、FAQ、ニュース、ビデオチュートリアルなど、さまざまな内容の中から答えを見つけることができます。