Listen NowとAuto-Play Radioステーション

Listen Now

Apple MusicのListen Nowストリームは、「Source of Stream」下の「ディスカバリー」値として表示されます。

レポートのフィールド タイプ メモ
Source of Stream
Int

アプリケーションで再生が開始された場所を示します。使用可能な値は次の通りです。
0 = その他
1 = ライブラリ
2 = 検索
3 = ディスカバリー
4 = MusicKit
5 = External
6 = Now Playing
7 = 音声

Auto-Play Radioステーション

曲が再生キューの最後まで達すると、「Auto-Playステーション」値がRadioステーションを生成します。 

レポートのフィールド タイプ メモ

Container Sub-Type

Int

再生が行われたプレイリストまたはラジオステーションの種類。既存のContainer Typeフィールドより詳細な情報が表示されます。使用可能な値は次の通りです。
0 = 該当なし
1 = ユーザのプライベートプレイリスト
2 = Editorialプレイリスト
3 = アーティストプレイリスト
4 = Curatorプレイリスト
5 = アーティスト/曲によるシード
6 = フォーマットステーション
7 = Editorialステーション
8 = パーソナルミックスプレイリスト
9 = ニュー・ミュージック・ミックス
10 = フェイバリット・ミックス
11 = チル・ミックス
12 = ゲットアップ!ミックス
13 = フレンズ・ミックス
14 = アルゴリズムステーション
15 = リプレイ・ミックス
16 = Auto-Playステーション