「売上とトレンド」で End Reason Type と Source of Stream に新たな値を追加しました。

2018年6月27日

Source of Stream
Source of Stream の値は、視聴者が曲のストリーミングを開始した場所を示します。「売上とトレンド」のストリーム数のダッシュボードで、この指標に「外部」と「Now Playing」の値が新たに追加され、レポートでは以下のように表示されます。

フィールド タイプ 説明
Source of Stream Int

アプリケーションで再生が開始された場所を示します。使用可能な値は次の通りです。

0 = その他

1 = ライブラリ

2 = 検索

3 = ディスカバリー

4 = MusicKit

5 = External

6 = Now Playing

End Reason Type
End Reason Type は、視聴者が曲の再生を終了した理由をレポートするための指標です。「売上とトレンド」のストリーム数のダッシュボードで、この指標に「手動による変更」と「一時停止」の値が新たに追加され、レポートでは以下のように表示されます。

フィールド タイプ 説明
End Reason Type Int

再生が終了した理由を示します。使用可能な値は次の通りです。

0 = 完了 (トラック全体を再生した)

1 = スキップ (視聴者が曲をスキップした)

2 = その他 (コンテンツのスクラブなど、その他の理由で再生が終了した)

3 = 手動で変更された (視聴者が手動で曲を変更した)

4 = 一時停止 (再生が一時停止または中断された)

売上とトレンドレポートに関する詳細については、「iTunes Connect 売上とトレンドレポート」を参照してください。ご質問やご不明な点がある場合は、ご連絡ください

ニュース一覧に戻る

ツール

必要なツールをダウンロードしてミュージックを送信しましょう。

ツールを見る

ミュージックの配信サービスを見つける

配信サービスをお探しですか?条件に合うパートナーを見つけましょう。

パートナーを見つける

お問い合わせ

解決策が見つかりませんか?サポートチームにご連絡ください。

お問い合わせ