Music Analytics API のアップデート (v4)

2021年12月1日

Music Analytics API の新しいバージョンが公開されました。今回のアップデートでは、新たに Secondary Captured Audience Play Count フィールド (secondary_captured_pc) を追加しました。これは、Captured Listener に一致するコホートによって 2 次指定期間内にクエリ対象が再生された回数を示すもので、Secondary Audience Play Count フィールドのサブセットにあたります。また、「オーディエンスのエンゲージメント」エンドポイントにあるマクロビューを、「オーディエンスの重複」エンドポイントにも追加しました。31 日の制約は、このビューにも適用されます。

さらに、既存のフィールド名に「Primary」や「Secondary」という言葉を含め、さまざまなシナリオにおいてコホートの重複がフィールド名で見分けられるようにしました。

資格要件を満たしている場合、こちらから最新の .jar ファイルをダウンロードして Music Analytics API にアクセスできます。Music Analytics API の新機能や変更点については、「このバージョンの新機能」セクションを参照してください。

ニュース一覧に戻る

ツール

必要なツールをダウンロードしてミュージックを送信しましょう。

ツールを見る

ミュージックの配信サービスを見つける

配信サービスをお探しですか?条件に合うパートナーを見つけましょう。

パートナーを見つける

お問い合わせ

解決策が見つかりませんか?サポートチームにご連絡ください。

お問い合わせ