非表示の理由コードが変更されました。

2017年6月26日

ミュージックスタイルガイド」に記載されている基準を満たさないコンテンツは、Apple Music や iTunes Store に表示されなくなる場合があります。以下の変更点について確認してください。

  • 非表示:キューレーションされたアーティスト。以前は「非表示:アーティストのクリーンアップ」と呼ばれていた理由コードです。コンテンツが正しいアーティストページに表示されるよう、デリバリ時にアーティスト ID を提供してください。
  • 非表示:誤解を与える。この新しい理由コードは、人気のコンテンツや検索語句を模倣することにより、カスタマーを欺くことを意図したコンテンツに使用します。
  • 非表示:コンテンツの重複提出。この新しい理由コードは、タイトルやアーティスト名を少しだけ変えて同じコンテンツのコピーが複数回提出された場合に使用します。

非表示になったコンテンツの一覧を確認するには、iTunes Connect からカタログレポートをダウンロードしてください。

ニュース一覧に戻る

ツール

必要なツールをダウンロードしてミュージックを送信しましょう。

ツールを見る

ミュージックの配信サービスを見つける

配信サービスをお探しですか?条件に合うパートナーを見つけましょう。

パートナーを見つける

お問い合わせ

解決策が見つかりませんか?サポートチームにご連絡ください。

お問い合わせ