コンテンツが非表示になる一般的な理由。

2017年2月8日

ミュージックスタイルガイド」に説明されている基準を満たさない場合、コンテンツは Apple Music または iTunes Store で非表示になる場合があります。コンテンツが非表示になる最も一般的な理由は下記の通りです。

  • 1.6. コンテンツの重複提出:同じ曲をタイトルやアーティスト名を少し変えて提出するなど、同じ内容または同一音声ファイルのコピーを複数回提出しないでください。
  • 1.10. 数量の過剰。配信する曲のバージョン違いがすでに多数存在する場合、編集上の理由からコンテンツが非表示になることがあります。Mastered for iTunes 作品はそれ以外のコンテンツよりも優先されます。
  • 1.11. コンピレーション:コンピレーションアルバムに、ストアでほかに提供中の Mastered for iTunes トラックと重複するトラックがある場合、編集上の理由から非表示になることがあります。
  • 9.8. オリジナルへの酷似(Sound-a-likes)。オリジナルに非常によく似たカバーバージョンまたはトリビュート曲は認められません。コンテンツタイトルまたはカバーアートに人気アーティストに似た名前、タイトル、または画像が含まれる録音は編集上の理由により非表示になることがあります。このようなコンテンツは、実際に著作権法に違反していない場合でも、カスタマーの混乱を招きます。

ミュージックを Apple に提出する際には、上記事項に注意してください。カタログレポートをダウンロードして、非表示になったコンテンツをいつでも確認できます。

メタデータのガイドラインの詳細については、「ミュージックスタイルガイド」を参照してください。

ニュース一覧に戻る

ツール

必要なツールをダウンロードしてミュージックを送信しましょう。

ツールを見る

ミュージックの配信サービスを見つける

配信サービスをお探しですか?条件に合うパートナーを見つけましょう。

パートナーを見つける

お問い合わせ

解決策が見つかりませんか?サポートチームにご連絡ください。

お問い合わせ